聞こえにくい人必見!【難聴と診断されたら補聴器の利用を検討】

耳かけタイプが人気

耳

人気の理由は多機能性

高齢化に伴って難聴者の数も増えており、必然的に補聴器のニーズも増えています。約20年で2倍の売り上げが増えたとも言われており、いろんなタイプの補聴器が発売されています。その種類を3つに分類するならば「耳かけタイプ」「耳あなタイプ」「ポケット型補聴器」です。そのなかで一番売り上げているのが耳かけタイプで、こちらは耳にかけて利用する補聴器です。この人気の理由には様々挙げられますが、その一つが多機能性があります。耳あなタイプは耳のなかに収まるほどの小型であるメリットがあるものの、その分機能が限定されやすくなってしまいます。しかし、耳かけタイプならばそれなりの大きさでも十分可能となるため、それだけいろんな機能を設けることができるわけです。音量を調整できるだけでなくハウリングしにくい機能もあります。耳にかけてしようする仕様となっているため、メガネをかけてる人には多少不向きな部分があります。しかし、ニーズに合わせて商品を選ぶことができるポイントから耳かけタイプの補聴器が一番の人気となっているわけです。また、昔は耳かけタイプはどうしても補聴器をつけていることが分かるためそれを敬遠することが少なくありませんでした。しかし、補聴器を装着する人が増えたのと同時に、デザイン性に優れたものも登場しています。そのため、近年では耳かけタイプをつけることに抵抗感を抱く人は大幅に減っているのも、人気の理由と言えるのかもしれません。