聞こえにくい人必見!【難聴と診断されたら補聴器の利用を検討】

仕事を続けるために

補聴器

本人は気づきにくい難聴

人間の聴力は40歳を過ぎると少しずつ衰えていくと言われています。少しずつ変化するため、本人では気づかないまま難聴へとなっているケースが少なくありません。もしも、難聴のまま仕事をしていると、連絡に不具合を生じたり、コミュニケーションが取れなくなって仕事に悪影響を及ぼしかねません。下手をしたら事故を起こす原因となって負傷してしまう可能性も出てきます。そのため、仕事でトラブルを起こすようになったと思い始めたら、まず第一に難聴を疑ってみるのも良いでしょう。耳鼻科の診断で仮に難聴だと診断されても、補聴器を利用すればいいので何ら問題はありません。最近の補聴器は性能が高まっており、小型化もされています。耳あなタイプの補聴器ならば、耳の穴にすっぽりと納まるため周囲から装着していることを気づかれることが少ないのです。音声もクリアに聞こえるため、仕事での影響を最小限に抑えてくれるでしょう。このように40代50代と働き盛りの世代で難聴になっても補聴器を活用すれば、普段通りに仕事をすることができます。いつまでも末永く仕事を続けていくためにも、補聴器の存在は非常に重要なものだと言えるでしょう。もしも、周囲の人々で何度も聞き返してしまうような人には、難聴の疑いがあることを教えて耳鼻科に診察するように薦めてあげることも大切です。最初は嫌がるかもしれませんが、難聴を補正することができれば、本人にとってもメリットがあるものです。