聞こえにくい人必見!【難聴と診断されたら補聴器の利用を検討】

耳

耳かけタイプが人気

補聴器のなかで人気のタイプが耳かけタイプとなっており、その理由の一つが多機能性による利用者のニーズに合わせられることです。そして、デザイン性に優れているため、見た目による抵抗感を抱かないことも人気の理由だと言えます。

詳しく見る

形や性能が異なる

受付

慣らす必要がある

人から呼ばれているのになかなか気が付けなかったり、自転車のベルなどいろいろな音の合図に気付けない時があります。もしかすると難聴になっている可能性があるので、耳鼻科で診察を受けた方がいいでしょう。突発的に聞こえなくなるときは比較的聞こえなくなった自覚があります。しかし老化によるものは徐々に聞こえなくなるので、聞こえたり聞こえなかったりします。補聴器を勧められても、まだ自分はそんな年齢ではないと拒否する人もいます。難聴と診断されたら補聴器の利用を検討すると良いでしょう。ただ目立つ器具をつけるのに抵抗があったり、余計に聞こえにくくなるのではないかと不安に感じるかもしれません。難聴に対応してくれる補聴器には非常に多くの種類が用意されています。外からわかる耳にかけるタイプであったり、少し見えるイヤホンタイプ、耳の穴にすっぽり入るのでつけているのがわからないタイプなどもあります。性能が高くなればその分価格も高くなります。難聴を矯正するために補聴器をつける時、いきなり販売店などで買うのは良くありません。まずは耳鼻科できちんと診察をしてもらい、必要な機器の提案を受けましょう。耳鼻科によってはテスト用を置いているところがあり、しばらく装着して生活ができます。眼鏡ショップなどでも貸し出しをしてくれるところがあるので、試しに使ってみて合うのであれば実際に購入するようにしましょう。高いものになると10万円以上するものもあるので、慎重に選ぶ必要があります。